業界トップクラスの実績を持つ千葉のマンション管理士 事務所所長 マンション管理士 重松秀士が、マンション管理 コンサルタントならではのお役立ち情報をお届けします。 携帯版

千葉のマンション管理 コンサルタント マンション管理士 重松秀士の「マンションサポート・ドットコム」
  • マンション管理士 重松秀士に相談・問い合わせをする(無料)
  • マンション管理士事務所が行う各種コンサルティング・サポート業務の資料請求をする(無料)

現在位置:
ホーム > お知らせ&日記(ブログ) > プライベート > 私のマンションの引き込み開閉器盤

  • mixi check

2006年04月30日  [ カテゴリ:プライベート ]

先日、私のマンションに東電の関連会社の方が来て、引き込み開閉器盤を開けて何か実施していました。
よくよく聞いてみると「共用部分の積算電力計」の交換だそうです。
法律によりメーターは一定期間がたつと整備しなければならないそうですが、持ち帰って整備し、そして又、取り付けに来るよりも新品に交換した方がコストが安いので一定年月がたつと交換するそうです。
今回がちょうどその時期になったそうです。

SANY0004-3.JPG

共用部分に行っている電灯と電力用の積算電力計を交換しているところです。
私のマンションは今年で10年目に入りました。ということは積算電力計の調整(交換)周期は10年ということみたいですね。
このメーターの数字を読んで、毎月管理組合に共用部分の電気代が請求されます。

SANY0004-1.JPG

工事完了
左側が共用部分ルート、右側は専有部分に行くルートの開閉器があります。
専有部分ルートの積算電力計は各住戸のパイプシャフトの中に設置され、個別徴収されます。
SANY0004-4.JPG

これはご存知の「パッドマウントトランス」私のマンションは35世帯と小規模なので、「借室変電室」はありません。集合住宅用のこのトランスで1次側を受け入れ、100~200ボルトに落とした上で、先ほどの引き込み開閉器を通じて共用部分と専有部分に配線されています。

マンション管理コンサルタント マンション管理士 重松 秀士プロフィールmansion_supportをフォローしましょう
資料請求 無料相談・お問い合わせ マンション管理士事務所

業界初!No リベート宣言!
顧客の利益を第一に、適正・公平な業務遂行に努めています
ノーリベート宣言 倫理規程

最近追加されたお知らせ&日記(ブログ)10件

お問い合わせはこちらから。安心してご相談下さい!

  • マンション管理士は法律で厳しい守秘義務と倫理規定が課せられています。
  • 違反した場合は資格取消・懲役・罰金等の処罰を受けます。

マンション管理一筋! 業界トップクラスの実績充実の設備と支援体制が自慢の重松マンション管理士事務所の詳しい業務については、マンション管理士事務所HPをご覧下さい。

マンション管理相談」「顧問契約(管理組合顧問)」「大規模修繕工事コンサルティング」「建物診断・長期修繕計画作成のサポート」「管理規約の改正」「管理費削減」「管理会社変更」「管理費滞納」「理事長代行」「マンション自主管理サポート」「簡易ホームページ作成・運営支援」など、各業務に関する詳細の内容や各業務の「資料請求」、「スタッフ紹介」や「お客様インタビュー」などをご用意しています。

コメント

▼コメント投稿フォーム

※可能な限り頂戴したコメントには返信するように努めておりますが、必ずしも返信できる訳ではありませんこと、あらかじめご理解の上ご投稿ください。
※きちんとお話しを伺った上でのより適切な回答を希望される場合は、重松マンション管理士事務所へご来所いただく形をご検討いただければ幸いです。