業界トップクラスの実績を持つ千葉のマンション管理士 事務所所長 マンション管理士 重松秀士が、マンション管理 コンサルタントならではのお役立ち情報をお届けします。 携帯版

千葉のマンション管理 コンサルタント マンション管理士 重松秀士の「マンションサポート・ドットコム」
  • マンション管理士 重松秀士に相談・問い合わせをする(無料)
  • マンション管理士事務所が行う各種コンサルティング・サポート業務の資料請求をする(無料)

現在位置:
ホーム > お知らせ&日記(ブログ) > マンション管理士 業務日誌 > 耐震アドバイザーに調査を依頼しました。

  • mixi check

2007年03月16日  [ カテゴリ:マンション管理士 業務日誌 ]

顧問契約をしているマンション(団地)で耐震診断を実施することを検討していましたが、診断の必要性を検討するために「耐震アドバイザー」に現地を見てもらいました。

マンション管理センター勤務時代に知り合った建築士に相談したら「NPO耐震総合安全機構(JASO)」という団体があり、耐震アドバイザーの紹介や派遣を行っていることを教えてもらいました。

このマンションは、新耐震基準(1981年6月以降)で設計された建物であり、しかも耐震性が高い壁式構造なので、私自身は「あまり心配しなくても良いのではないですか。」と申し上げていたのですが、念のために簡単に検証できる方法を以前から理事会で検討していました。

当日は、丸1日かけて設計図及び構造計算書のチェック及び建物の目視チェックを実施していただきました。
この後、報告書を提出してもらい「概要やその後の本格的な診断の必要性」などをアドバイスしていただくことになっています。

NPOの紹介で来られた耐震アドバイザーです。
まずは主要な図面と構造計算書の確認から始めます。

この団地は、旧住宅公団が分譲したマンションですが、構造計算書が保管されていませんでした。
その後UR(都市再生機構)に連絡して全棟分の構造計算書を取り寄せて保存することにしました。

新聞報道では、UR社内にも構造計算書が保存されていない物件があるともいわれていましたが、この団地は全部保存されていました。

構造計算書と縮小版の図面を確認しながら構造計算書のチェックを実施してもらいました。

専門家が手作業で図書の内容を確認しました。

外観等の目視が主体となりますが、外部から全体の状況を確認します。

念のためタイルの状況等も確認してもらいました。

マンション管理コンサルタント マンション管理士 重松 秀士プロフィールmansion_supportをフォローしましょう
資料請求 無料相談・お問い合わせ マンション管理士事務所

[NEW] 重松マンション管理士事務所では、サポートスタッフを「1名」募集中です!

最近追加されたお知らせ&日記(ブログ)10件

お問い合わせはこちらから。安心してご相談下さい!

  • マンション管理士は法律で厳しい守秘義務と倫理規定が課せられています。
  • 違反した場合は資格取消・懲役・罰金等の処罰を受けます。

マンション管理一筋! 業界トップクラスの実績充実の設備と支援体制が自慢の重松マンション管理士事務所の詳しい業務については、マンション管理士事務所HPをご覧下さい。

マンション管理相談」「顧問契約(管理組合顧問)」「大規模修繕工事コンサルティング」「建物診断・長期修繕計画作成のサポート」「管理規約の改正」「管理費削減」「管理会社変更」「管理費滞納」「理事長代行」「会計処理代行」「マンション自主管理サポート」「簡易ホームページ作成・運営支援」など、各業務に関する詳細の内容や各業務の「資料請求」、「スタッフ紹介」や「お客様インタビュー」などをご用意しています。

コメント

▼コメント投稿フォーム