業界トップクラスの実績を持つ千葉のマンション管理士 事務所所長 マンション管理士 重松秀士が、マンション管理 コンサルタントならではのお役立ち情報をお届けします。 携帯版

千葉のマンション管理 コンサルタント マンション管理士 重松秀士の「マンションサポート・ドットコム」
  • マンション管理士 重松秀士に相談・問い合わせをする(無料)
  • マンション管理士事務所が行う各種コンサルティング・サポート業務の資料請求をする(無料)

現在位置:
ホーム > お知らせ&日記(ブログ) > マンション管理士 業務日誌 > マンションにおけるペット問題の研究会に参加して来ました。

  • mixi check

2011年10月26日  [ カテゴリ:マンション管理士 業務日誌 ]

マンションコミュニティ研究会の定例勉強会でペット問題を取り上げてくださいました。
テーマは「ペットを通じたマンションのコミュニティ形成」です。
私も現在何件かのペット問題を担当しており、関心があったので参加してきました。
当日の講師は株式会社シードの古市氏です。

当日の勉強会の内容は
  1. マンション管理組合用「ペット飼育細則」の事例検討
  2. ペット情報マガジンの紹介
  3. ペット市場に関するデーター研究等
  4. マンション内コミュニティ活動について
でした。

中でも私が特に関心をもった内容は各種データーです。
例えば博報堂生活総研による2008年の生活定点調査によると総世帯数の内、
犬を飼育している世帯は20.1%
猫を飼育している世帯は9.4%という数字が出ています。
これは、マンション内でペット(主に犬)を飼っている住戸数はなぜか20%を超えることがないという私の経験値と極めて似ています。

また、同じく博報堂総研の調査では、ペット愛好家の世帯総年収については
700万円未満が18.4%なのに対し、700万円以上の世帯はなんと77.5%(1200万円以上は30.2%)です。
貯蓄に関しても、500万円未満の18.9%に対し、500万円以上が68%(2000万円以上が21.3%)となっています。
つまりペット愛好家(飼育者)は、比較的年収が高く、貯蓄も多いということになります。
別の言い方をすると、ある程度の収入と貯蓄がないとペットは飼えないということも言えると思います。
よく、規約改正をして、ペット禁止のマンションをペット解禁にしてしまうと、マンション内がペットだらけになって収拾が付かなくなるという意見を聞きますが、だれでもがペットを飼育できるわけではないので飼育者数が急激に増えることは考えられないようです。

当日の様子

pet-01.JPG当日の講師を担当していただいた株式会社シードの古市氏
マンションのペット問題の歴史は、分譲会社の分譲方法の歴史と密接に関係しているようです。
昭和40年代まではペット禁止マンションとしての分譲が多かったようですが、最近の分譲マンションはその多くがペット飼育可マンションです。
pet-02.JPG主宰の廣田信子さん
マンションにおけるペット問題はコミュニティの問題とも関係しますので議論が盛り上がりました。

マンション管理コンサルタント マンション管理士 重松 秀士プロフィールmansion_supportをフォローしましょう
資料請求 無料相談・お問い合わせ マンション管理士事務所

業界初!No リベート宣言!
顧客の利益を第一に、適正・公平な業務遂行に努めています
ノーリベート宣言 倫理規程

最近追加されたお知らせ&日記(ブログ)10件

お問い合わせはこちらから。安心してご相談下さい!

  • マンション管理士は法律で厳しい守秘義務と倫理規定が課せられています。
  • 違反した場合は資格取消・懲役・罰金等の処罰を受けます。

マンション管理一筋! 業界トップクラスの実績充実の設備と支援体制が自慢の重松マンション管理士事務所の詳しい業務については、マンション管理士事務所HPをご覧下さい。

マンション管理相談」「顧問契約(管理組合顧問)」「大規模修繕工事コンサルティング」「建物診断・長期修繕計画作成のサポート」「管理規約の改正」「管理費削減」「管理会社変更」「管理費滞納」「理事長代行」「マンション自主管理サポート」「簡易ホームページ作成・運営支援」など、各業務に関する詳細の内容や各業務の「資料請求」、「スタッフ紹介」や「お客様インタビュー」などをご用意しています。

コメント

▼コメント投稿フォーム

※可能な限り頂戴したコメントには返信するように努めておりますが、必ずしも返信できる訳ではありませんこと、あらかじめご理解の上ご投稿ください。
※きちんとお話しを伺った上でのより適切な回答を希望される場合は、重松マンション管理士事務所へご来所いただく形をご検討いただければ幸いです。