業界トップクラスの実績を持つ千葉のマンション管理士 事務所所長 マンション管理士 重松秀士が、マンション管理 コンサルタントならではのお役立ち情報をお届けします。 携帯版

千葉のマンション管理 コンサルタント マンション管理士 重松秀士の「マンションサポート・ドットコム」
  • マンション管理士 重松秀士に相談・問い合わせをする(無料)
  • マンション管理士事務所が行う各種コンサルティング・サポート業務の資料請求をする(無料)

現在位置:
ホーム > お知らせ&日記(ブログ) > マンション管理士 業務日誌 > 地震保険の現場鑑定に立ち会ってきました。

  • mixi check

2011年11月13日  [ カテゴリ:マンション管理士 業務日誌 ]

私のマンション管理士事務所がお世話になっているマンションです。
管理組合としては、共用部分の地震保険に入っていませんが、専有部分に地震保険を付保している区分所有者は結構いらっしゃいます。
今般、専有部分に地震保険を付けている区分所有者から、地震保険の査定依頼が保険会社にあり、建物の査定に保険会社が来ることになったので、管理組合から依頼されてその調査に立ち会うことにしました。
保険会社からは、2名の調査員がマンションに来て半日以上かけて調査しました。
結論としては、1本の柱に大きなダメージが発見されたとのことで、「一部損」の認定が出て保険金が支払われることになりました。
地震保険の制度については、過去に「マンションにおける地震保険について」でもご紹介したことがありますが、国が再保険を引き受けていることもあり、地震保険の認定に関する情報は全ての保険会社で共有するそうです。
ですから、今回の調査結果は全ての保険会社が知ることができるので、他の保険会社と地震保険を契約している区分所有者も、申請すれば「一部損」として取り扱ってもらえることになります。
管理組合は、このことを広報等で区分所有者に通知しました。

当日の様子

jisinnhoken-01.JPGjisinnhoken-02.JPG
まずは、事前に提供した平面図を基に調査箇所の確認です。ラーメン構造の建物なので、柱と梁だけをチェックしています。
つまり、壁は査定の対象外となります。
jisinnhoken-03.JPGjisinnhoken-04.JPG
足回りでは、このような大きな被害が出ているのですが、この場合は地震保険の対象外となります。これが、「一部損」の認定要因となった柱の被害です。
たしかに鉄筋が見える程度まで損傷しています。

マンション管理コンサルタント マンション管理士 重松 秀士プロフィールmansion_supportをフォローしましょう
資料請求 無料相談・お問い合わせ マンション管理士事務所

業界初!No リベート宣言!
顧客の利益を第一に、適正・公平な業務遂行に努めています
ノーリベート宣言 倫理規程

最近追加されたお知らせ&日記(ブログ)10件

お問い合わせはこちらから。安心してご相談下さい!

  • マンション管理士は法律で厳しい守秘義務と倫理規定が課せられています。
  • 違反した場合は資格取消・懲役・罰金等の処罰を受けます。

マンション管理一筋! 業界トップクラスの実績充実の設備と支援体制が自慢の重松マンション管理士事務所の詳しい業務については、マンション管理士事務所HPをご覧下さい。

マンション管理相談」「顧問契約(管理組合顧問)」「大規模修繕工事コンサルティング」「建物診断・長期修繕計画作成のサポート」「管理規約の改正」「管理費削減」「管理会社変更」「管理費滞納」「理事長代行」「マンション自主管理サポート」「簡易ホームページ作成・運営支援」など、各業務に関する詳細の内容や各業務の「資料請求」、「スタッフ紹介」や「お客様インタビュー」などをご用意しています。

コメント

▼コメント投稿フォーム

※可能な限り頂戴したコメントには返信するように努めておりますが、必ずしも返信できる訳ではありませんこと、あらかじめご理解の上ご投稿ください。
※きちんとお話しを伺った上でのより適切な回答を希望される場合は、重松マンション管理士事務所へご来所いただく形をご検討いただければ幸いです。