業界トップクラスの実績を持つ千葉のマンション管理士 事務所所長 マンション管理士 重松秀士が、マンション管理 コンサルタントならではのお役立ち情報をお届けします。 携帯版

千葉のマンション管理 コンサルタント マンション管理士 重松秀士の「マンションサポート・ドットコム」
  • マンション管理士 重松秀士に相談・問い合わせをする(無料)
  • マンション管理士事務所が行う各種コンサルティング・サポート業務の資料請求をする(無料)

現在位置:
ホーム > お知らせ&日記(ブログ) > マンション管理士 業務日誌 > 大規模修繕工事の足場解体前検査に立ち会ってきました。

  • mixi check

2013年07月24日  [ カテゴリ:マンション管理士 業務日誌 ]

大規模修繕工事も終盤に近づき足場が解体される時期になると工事の完成が見えてくるのでほっとする時期でもあります。
現場での検査は、各工事工程の段階で工事進捗状況に合わせて実施しますが、一般的には「トリプルチェック」といい、
  1. 工事を実施した職人さんの職長による自主検査
  2. 現場の責任者による現場検査
  3. 工事会社の品質管理部門による品管検査
の3段階を経て現場で自主検査を実施した後、設計監理方式の場合は、設計監理者が更に検査を行います。
また、足場を解体する直前には、全戸にアンケート用紙を配布し、バルコニー内部に関する検査を居住者にもお願いします。このアンケートで指摘を受けた不具合等も足場があるうちに補修します。
ここまでを済ませた後に、足場解体前検査を実施します。
形式的には、足場の解体が終わり、外構等の工事がすべて完了した後に、管理組合が実施する「竣工検査」がありますが、この時はもう足場はありませんので、歩いて巡回できる範囲を見る検査となります。よって、本格的な検査は足場解体前検査が最後になります。

この度、契約先のマンションで実施している大規模修繕工事において、足場解体前の検査を実施することになったので立ち会ってきました。

当日の様子

1307kensa-01s.jpg1307kensa-02s.jpg
手直し記録に基づき、補修した個所を確認しながら、実際に補修工事が完了したかをチェックする方法で巡回しました。工事会社、設計事務所、修繕委員会のメンバーでベランダ内部のチェック中です。
不具合の指摘を受けている個所は全て補修済みのはずですが、それでも補修漏れ等がある可能性があるので多くの目で厳しくチェックしています。
1307kensa-03l.jpg1307kensa-04l.jpg
これは塗装表面の剥がれです(画像をクリックして大きな画像で見ていただくとわかりやすいと思います)。
今までは誰も気が付いていない個所だったので、テープを貼って補修対象としました。
俗に、「カスレ」といわれるもので、塗膜が完全に施工されておらず、下地が白く見えています(こちらも画像をクリックして大きな画像で見ていただくとわかりやすいと思います)。
これも当然に補修対象となります。

マンション管理コンサルタント マンション管理士 重松 秀士プロフィールmansion_supportをフォローしましょう
資料請求 無料相談・お問い合わせ マンション管理士事務所

[NEW] 重松マンション管理士事務所では、サポートスタッフを「1名」募集中です!

最近追加されたお知らせ&日記(ブログ)10件

お問い合わせはこちらから。安心してご相談下さい!

  • マンション管理士は法律で厳しい守秘義務と倫理規定が課せられています。
  • 違反した場合は資格取消・懲役・罰金等の処罰を受けます。

マンション管理一筋! 業界トップクラスの実績充実の設備と支援体制が自慢の重松マンション管理士事務所の詳しい業務については、マンション管理士事務所HPをご覧下さい。

マンション管理相談」「顧問契約(管理組合顧問)」「大規模修繕工事コンサルティング」「建物診断・長期修繕計画作成のサポート」「管理規約の改正」「管理費削減」「管理会社変更」「管理費滞納」「理事長代行」「会計処理代行」「マンション自主管理サポート」「簡易ホームページ作成・運営支援」など、各業務に関する詳細の内容や各業務の「資料請求」、「スタッフ紹介」や「お客様インタビュー」などをご用意しています。

コメント

▼コメント投稿フォーム