業界トップクラスの実績を持つ千葉のマンション管理士 事務所所長 マンション管理士 重松秀士が、マンション管理 コンサルタントならではのお役立ち情報をお届けします。 携帯版

千葉のマンション管理 コンサルタント マンション管理士 重松秀士の「マンションサポート・ドットコム」
  • マンション管理士 重松秀士に相談・問い合わせをする(無料)
  • マンション管理士事務所が行う各種コンサルティング・サポート業務の資料請求をする(無料)

現在位置:
ホーム > お知らせ&日記(ブログ) > お知らせ > 受水槽に災害時の取水口(蛇口等)を設ける場合の法的規制について

  • mixi check

2013年11月19日  [ カテゴリ:お知らせ ]

お世話になっているマンションでは、2008年に災害時の緊急時対策として、受水槽を改良して非常時の飲料水を確保するための工事を行いました。
私のブログでもご紹介しましたのでご覧になった方もいらっしゃると思います。
この工事を実施したときには、法的な問題は特に意識していなかったのですが、最近になって情報やご意見をいただきました。
その内容は、各戸の水道メーターを通る前の水(受水槽内の水)は、水道局に所有権があり、それを取り出して利用することは「盗水」や「窃盗」の犯罪にあたるのではないかというものでした。
いわれてみれば、緊急時とはいえ確かにそのような解釈なるのでは、、、と思ったので管轄の水道局に相談に行ってきました。
相談した結果は


  1. 以前は、受水槽の水を勝手に流用することは禁止されていた。

  2. しかし、平成25年4月に水道法の一部が改正され、震災等の緊急時には使用してもよいこととなった。

  3. 但し、その旨の届出が必要なことと、緊急時に使用した場合は「使用届」を提出する必要がある。


というものでした。

以上の指摘を受けたので、届出書を提出することにしましたが、届出書には図面等も添付する必要がありますので、やはり専門業者等に依頼するほうがよいと思います。
ちなみに、年に1回は受水槽の清掃を行うことが義務付けられていますが、その時には受水槽内の水をいったん抜いて実施することになります。
これに関して水道局に確認したら、その場合は清掃業者が、破棄した水の代金をきちんと支払っているとのことでした。
最終的には、管理組合が発注する受水槽清掃工事代金に含まれているのだろうと思いましたが、今までは気が付きませんでした。
ちなみに千葉市に提出した誓約書のサンプルをご紹介します。
2008年に工事を行ったときは、この誓約書に書かれている基準を満たしていない項目もありましたので、改善することにしました。


マンション管理コンサルタント マンション管理士 重松 秀士プロフィールmansion_supportをフォローしましょう
資料請求 無料相談・お問い合わせ マンション管理士事務所

業界初!No リベート宣言!
顧客の利益を第一に、適正・公平な業務遂行に努めています
ノーリベート宣言 倫理規程

最近追加されたお知らせ&日記(ブログ)10件

お問い合わせはこちらから。安心してご相談下さい!

  • マンション管理士は法律で厳しい守秘義務と倫理規定が課せられています。
  • 違反した場合は資格取消・懲役・罰金等の処罰を受けます。

マンション管理一筋! 業界トップクラスの実績充実の設備と支援体制が自慢の重松マンション管理士事務所の詳しい業務については、マンション管理士事務所HPをご覧下さい。

マンション管理相談」「顧問契約(管理組合顧問)」「大規模修繕工事コンサルティング」「建物診断・長期修繕計画作成のサポート」「管理規約の改正」「管理費削減」「管理会社変更」「管理費滞納」「理事長代行」「マンション自主管理サポート」「簡易ホームページ作成・運営支援」など、各業務に関する詳細の内容や各業務の「資料請求」、「スタッフ紹介」や「お客様インタビュー」などをご用意しています。

コメント

▼コメント投稿フォーム

※可能な限り頂戴したコメントには返信するように努めておりますが、必ずしも返信できる訳ではありませんこと、あらかじめご理解の上ご投稿ください。
※きちんとお話しを伺った上でのより適切な回答を希望される場合は、重松マンション管理士事務所へご来所いただく形をご検討いただければ幸いです。