業界トップクラスの実績を持つ千葉のマンション管理士 事務所所長 マンション管理士 重松秀士が、マンション管理 コンサルタントならではのお役立ち情報をお届けします。 携帯版

千葉のマンション管理 コンサルタント マンション管理士 重松秀士の「マンションサポート・ドットコム」
  • マンション管理士 重松秀士に相談・問い合わせをする(無料)
  • マンション管理士事務所が行う各種コンサルティング・サポート業務の資料請求をする(無料)

現在位置:
ホーム > マンション管理のイロハ > マンション管理Q&A, 管理費滞納・財務・会計・保険編 > ペイオフの時に良く話が出る「名寄せ」とはどんなことですか?

  • mixi check
[ カテゴリ:マンション管理Q&A, 管理費滞納・財務・会計・保険編 ]

Q.ペイオフの時に良く話が出る「名寄せ」とはどんなことですか?

銀行が破綻したときには、ペイオフが実施され「名寄せ」が行われると聞きましたが、「名寄せ」とはどんなことですか?

A.同一銀行に複数口座をもっている同一人物を特定するための作業です。

2004年の4月から普通預金もペイオフの対象になり、銀行が破綻した場合は1千万円とその利息しか補償されません。

同じ銀行の支店別に預けておいた場合でも同一名義の預金は調査のうえ、一まとめにして計算されます。

この作業のことを「名寄せ」といいます。

ですから同じ銀行ならば支店別に分散していても、ペイオフ対策としては意味がないことになります。

また、名寄せを防ぐ為に子供や孫の名義にしていれば安全と思う人がいますがこれも間違いです。

「借名預金」といって、この場合も名寄せの対象になります。

なお、マンション管理組合の場合は法人化していなくても、普通の実体を持って健全に運営していれば「権利能力なき社団」として扱われ、理事長や理事の個人口座と名寄せされることはありません。

マンション管理コンサルタント マンション管理士 重松 秀士プロフィールmansion_supportをフォローしましょう
資料請求 無料相談・お問い合わせ マンション管理士事務所

業界初!No リベート宣言!
顧客の利益を第一に、適正・公平な業務遂行に努めています
ノーリベート宣言 倫理規程

マンション管理Q&A

管理組合運営編

管理費削減/管理会社変更編

大規模修繕/長期修繕計画編

管理規約・法規編

管理費滞納・財務・会計・保険編

お問い合わせはこちらから。安心してご相談下さい!

  • マンション管理士は法律で厳しい守秘義務と倫理規定が課せられています。
  • 違反した場合は資格取消・懲役・罰金等の処罰を受けます。

マンション管理一筋! 業界トップクラスの実績充実の設備と支援体制が自慢の重松マンション管理士事務所の詳しい業務については、マンション管理士事務所HPをご覧下さい。

マンション管理相談」「顧問契約(管理組合顧問)」「大規模修繕工事コンサルティング」「建物診断・長期修繕計画作成のサポート」「管理規約の改正」「管理費削減」「管理会社変更」「管理費滞納」「理事長代行」「マンション自主管理サポート」「簡易ホームページ作成・運営支援」など、各業務に関する詳細の内容や各業務の「資料請求」、「スタッフ紹介」や「お客様インタビュー」などをご用意しています。