業界トップクラスの実績を持つ千葉のマンション管理士 事務所所長 マンション管理士 重松秀士が、マンション管理 コンサルタントならではのお役立ち情報をお届けします。 携帯版

千葉のマンション管理 コンサルタント マンション管理士 重松秀士の「マンションサポート・ドットコム」
  • マンション管理士 重松秀士に相談・問い合わせをする(無料)
  • マンション管理士事務所が行う各種コンサルティング・サポート業務の資料請求をする(無料)

現在位置:
ホーム > マンション管理のイロハ > マンション管理Q&A, 管理費滞納・財務・会計・保険編 > 決算書の貸借対照表に「未収金」を書きたくありません。滞納があることはみっともないからです。書かなくてもかまいませんか?

  • mixi check
[ カテゴリ:マンション管理Q&A, 管理費滞納・財務・会計・保険編 ]

Q.決算書の貸借対照表に「未収金」を書きたくありません。滞納があることはみっともないからです。

私のマンションは、管理費等の滞納が多く本年度末で100万円以上になりそうです。
決算時の貸借対照表に「未収金」を計上すると、滞納者が多いことが明るみに出て、マンションの評判が下がる心配もあります。
決算書、特に貸借対照表に記載しなくてもかまいませんか?

A.お気持ちは分かりますが、正しい数字を記載してください。

未収金の金額を書かないことはまずいと思います。未収金を書かずに貸借対照表の左右のバランスが合いますか?無理でしょう。
お気持ちは分かりますが。決算書には管理組合の財政の状態をきちんと表示しなければなりません。
滞納者がいることは問題ですがそれを隠してはいけません。
下手をすれば中古での購入希望者へ対する情報開示が不適切と言うことで宅建業法上の問題となる可能性もあります。
滞納者を出さないようにすることと、管理組合の財政状況をきちんと正直に報告することは別の問題です。
なお、どうしても回収する見込みのない未収金(例えば、駐車場を使用していた賃借人が破産して、誰からも回収することができなくなった場合等)については、総会の普通決議(総有財産の管理)をもって処理することは可能です。
*全員一致でないと処理できないという説もありますが、私は総会の普通決議で良いと考えます。

マンション管理コンサルタント マンション管理士 重松 秀士プロフィールmansion_supportをフォローしましょう
資料請求 無料相談・お問い合わせ マンション管理士事務所

[NEW] 重松マンション管理士事務所では、サポートスタッフを「1名」募集中です!

マンション管理Q&A

管理組合運営編

管理費削減/管理会社変更編

大規模修繕/長期修繕計画編

管理規約・法規編

管理費滞納・財務・会計・保険編

お問い合わせはこちらから。安心してご相談下さい!

  • マンション管理士は法律で厳しい守秘義務と倫理規定が課せられています。
  • 違反した場合は資格取消・懲役・罰金等の処罰を受けます。

マンション管理一筋! 業界トップクラスの実績充実の設備と支援体制が自慢の重松マンション管理士事務所の詳しい業務については、マンション管理士事務所HPをご覧下さい。

マンション管理相談」「顧問契約(管理組合顧問)」「大規模修繕工事コンサルティング」「建物診断・長期修繕計画作成のサポート」「管理規約の改正」「管理費削減」「管理会社変更」「管理費滞納」「理事長代行」「会計処理代行」「マンション自主管理サポート」「簡易ホームページ作成・運営支援」など、各業務に関する詳細の内容や各業務の「資料請求」、「スタッフ紹介」や「お客様インタビュー」などをご用意しています。