業界トップクラスの実績を持つ千葉のマンション管理士 事務所所長 マンション管理士 重松秀士が、マンション管理 コンサルタントならではのお役立ち情報をお届けします。 携帯版

千葉のマンション管理 コンサルタント マンション管理士 重松秀士の「マンションサポート・ドットコム」
  • マンション管理士 重松秀士に相談・問い合わせをする(無料)
  • マンション管理士事務所が行う各種コンサルティング・サポート業務の資料請求をする(無料)

現在位置:
ホーム > マンション管理のイロハ > マンション管理Q&A, 大規模修繕/長期修繕計画編 > 長期修繕計画書に記載されている工事金額は正確な工事金額なのですか?

  • mixi check
[ カテゴリ:マンション管理Q&A, 大規模修繕/長期修繕計画編 ]

Q.長期修繕計画書に記載されている工事金額は正確な工事金額なのですか?

長期修繕計画に基づき修繕積立金の見直しをしようと考えていますが、そもそも長期修繕計画に記載された工事金額はどの程度の精度なのですか?

A.概算価格と考えてください。

長期修繕計画書は、マンションのこれから25~30年先の修繕予定や資金計画を概算レベルで把握するためのもので一般的に言われている意義は


  • 修繕内容(仕様、金額、実施時期)を組合員に周知する。

  • 大規模修繕工事の際に、組合員の合意形成を円滑に進める。

  • 必要な修繕積立金の具体的な金額を算出するための資料。


です。

しかし、工事金額や工事実施時期は必ずしも高い精度で設定しているわけではありません。
将来の物価上昇や消費税を含む法律の変更、更に生活レベルの向上によるグレードアップなどに備えてどちらかというとやや高めに設定する場合が多いものです。
また、長期修繕計画書は、マンションにとって非常に重要なものなので、その内容については、総会にかけて承認をとる組合が多くなっています。(マンション標準管理規約単棟型第48条第5号)
また、一度作成しても、5年ごとにその内容を見直して、最新の長期修繕計画書にしておくことが、管理組合にとって重要なことだと思います。

マンション管理コンサルタント マンション管理士 重松 秀士プロフィールmansion_supportをフォローしましょう
資料請求 無料相談・お問い合わせ マンション管理士事務所

業界初!No リベート宣言!
顧客の利益を第一に、適正・公平な業務遂行に努めています
ノーリベート宣言 倫理規程

マンション管理Q&A

管理組合運営編

管理費削減/管理会社変更編

大規模修繕/長期修繕計画編

管理規約・法規編

管理費滞納・財務・会計・保険編

お問い合わせはこちらから。安心してご相談下さい!

  • マンション管理士は法律で厳しい守秘義務と倫理規定が課せられています。
  • 違反した場合は資格取消・懲役・罰金等の処罰を受けます。

マンション管理一筋! 業界トップクラスの実績充実の設備と支援体制が自慢の重松マンション管理士事務所の詳しい業務については、マンション管理士事務所HPをご覧下さい。

マンション管理相談」「顧問契約(管理組合顧問)」「大規模修繕工事コンサルティング」「建物診断・長期修繕計画作成のサポート」「管理規約の改正」「管理費削減」「管理会社変更」「管理費滞納」「理事長代行」「マンション自主管理サポート」「簡易ホームページ作成・運営支援」など、各業務に関する詳細の内容や各業務の「資料請求」、「スタッフ紹介」や「お客様インタビュー」などをご用意しています。