業界トップクラスの実績を持つ千葉のマンション管理士 事務所所長 マンション管理士 重松秀士が、マンション管理 コンサルタントならではのお役立ち情報をお届けします。 携帯版

千葉のマンション管理 コンサルタント マンション管理士 重松秀士の「マンションサポート・ドットコム」
  • マンション管理士 重松秀士に相談・問い合わせをする(無料)
  • マンション管理士事務所が行う各種コンサルティング・サポート業務の資料請求をする(無料)

現在位置:
ホーム > 実録!マンション管理 > 高級マンション再生プロジェクト > 15.苦労した総会議案書の作成(2)管理規約編 ~マンション標準管理規約に則した規約へ~

  • mixi check

2006年06月08日  [ カテゴリ:高級マンション再生プロジェクト ]

前回までのあらすじ

初の会合を無事に終え正式な集会に向けた準備を始めた私ですが、総会議案書の作成は予想以上の苦労が待っていました...今回はその一つ、管理規約の見直しです。

第4章 管理組合の独立宣言 (臨時総会) [1]
苦労した総会議案書の作成(2)管理規約編 ~マンション標準管理規約に則した規約へ~

総会議案書の作成にあたり、まずは新しい管理規約の作成から取りかかり始めたわけですが、このマンションの管理規約は「分譲時(20年以上前)に作られたもの」「管理会社主導の内容(管理会社が指定されている、管理会社が理事長になる)」という驚くべき内容のものでした(でも、こういうところはまだあるのでは、と思います)。

当然、根本的なところからこれらを修正する必要があったのですが、修正するにあたっては「マンション標準管理規約」に則すようなものにしました。これをご覧のみなさんはご存じだと思いますが、「マンション標準管理規約」とは、平成16年1月に国土交通省が発表した管理規約の標準モデル、つまり、お手本のようなものです。準拠が義務づけられているものではありませんが、各種法律や社会情勢などと整合性のとれた内容にする際には大いに参考になるものです。是非活用してみてください。

しかし、「マンション標準管理規約」に則すだけでは不十分です。「マンション標準管理規約」は、多様なマンションに対応できるような汎用的な内容なので、そのままでは個々のマンションに適したものにはなりません。今回の場合も例外ではなく、このマンションの特殊性を考え、実情に合ったものに変えていく必要がありました。

例えば、「外部在住の区分所有者が大半なので、区分所有者以外でも管理組合役員に就任できること」「滞納事件などの早めの解決のため裁判を理事会決議だけで提訴できること(※)」「ペット問題」などです。(つづく)

マンション管理コンサルタント マンション管理士 重松 秀士プロフィールmansion_supportをフォローしましょう
資料請求 無料相談・お問い合わせ マンション管理士事務所

業界初!No リベート宣言!
顧客の利益を第一に、適正・公平な業務遂行に努めています
ノーリベート宣言 倫理規程

高級マンション再生プロジェクト

お問い合わせはこちらから。安心してご相談下さい!

  • マンション管理士は法律で厳しい守秘義務と倫理規定が課せられています。
  • 違反した場合は資格取消・懲役・罰金等の処罰を受けます。

マンション管理一筋! 業界トップクラスの実績充実の設備と支援体制が自慢の重松マンション管理士事務所の詳しい業務については、マンション管理士事務所HPをご覧下さい。

マンション管理相談」「顧問契約(管理組合顧問)」「大規模修繕工事コンサルティング」「建物診断・長期修繕計画作成のサポート」「管理規約の改正」「管理費削減」「管理会社変更」「管理費滞納」「理事長代行」「マンション自主管理サポート」「簡易ホームページ作成・運営支援」など、各業務に関する詳細の内容や各業務の「資料請求」、「スタッフ紹介」や「お客様インタビュー」などをご用意しています。