業界トップクラスの実績を持つ千葉のマンション管理士 事務所所長 マンション管理士 重松秀士が、マンション管理 コンサルタントならではのお役立ち情報をお届けします。 携帯版

千葉のマンション管理 コンサルタント マンション管理士 重松秀士の「マンションサポート・ドットコム」
  • マンション管理士 重松秀士に相談・問い合わせをする(無料)
  • マンション管理士事務所が行う各種コンサルティング・サポート業務の資料請求をする(無料)

現在位置:
ホーム > 実録!マンション管理 > 区分所有法第59条競売大作戦 > 第5章 債務名義はとったけれど… ~いよいよ管理組合としての決断

  • mixi check

2006年08月07日  [ カテゴリ:区分所有法第59条競売大作戦 ]

債務名義はとったけれど…

申立てから3ヶ月以上たって、ようやく管理組合の「法的措置第1弾」が完了しました。 管理組合にも「仮執行宣言付支払督促」の正本(いわゆる「債務名義」)が送達され、いつでも強制執行をすることが可能となりました。 また、申し立てた日に遡り時効が中断します。しかも今度は一般債権として10年間は時効にかかることはありません。 しかし、私も山田理事長もなぜか満足感はありませんでした。 理由は、簡単に考えていた「支払督促」が、相手の抵抗?により、思った以上に時間がかかり、私も山田理事長も結構疲れたこと。 そして、債務名義は勝ち取ったものの、この3ヶ月間で分かったことは岡本氏には差押え可能な財産がないことや勤務先も不明なことなどでした。 とりあえず山田理事長と相談してしばらく様子を見ることにしました。

朗報!区分所有法第59条に関する画期的判決~「やぶれかぶれ」か「一か八か」

岡本氏の滞納はその後も続き一向に改善の兆しはありませんでした。
しかし、ちょうどその頃から、マンション管理関連の新聞や雑誌で区分所有法第59条による競売は「無剰余取消」はなく、抵当権は消滅するという東京高裁の判決が出されたという記事が有名になっていました。
判決を読んでいると、要するに「区分所有法第59条に基づく場合でも、抵当権が設定されている場合は管理組合に配当が回ってくることはないが、もとより競売代金から債権額を回収するものではなく、区分所有者を追い出す為のものである。」というものでした。
そして区分所有者が交代するので区分所有法第8条により次期区分所有者から滞納管理費等を回収することができます。
債務名義を取った後も私と山田理事長は悶々とした毎日が続いていましたが、ようやく元気が出てきました。
そして、「理事長、私達も区分所有法第59条を適用して岡本さんの住戸を競売することに挑戦しませんか?」と申し上げたら、理事長も「ぜひやってみたい!」と意見が一致しました。いよいよ大作戦の始まりです。…(つづく)

マンション管理コンサルタント マンション管理士 重松 秀士プロフィールmansion_supportをフォローしましょう
資料請求 無料相談・お問い合わせ マンション管理士事務所

[NEW] 重松マンション管理士事務所では、サポートスタッフを「1名」募集中です!

お問い合わせはこちらから。安心してご相談下さい!

  • マンション管理士は法律で厳しい守秘義務と倫理規定が課せられています。
  • 違反した場合は資格取消・懲役・罰金等の処罰を受けます。

マンション管理一筋! 業界トップクラスの実績充実の設備と支援体制が自慢の重松マンション管理士事務所の詳しい業務については、マンション管理士事務所HPをご覧下さい。

マンション管理相談」「顧問契約(管理組合顧問)」「大規模修繕工事コンサルティング」「建物診断・長期修繕計画作成のサポート」「管理規約の改正」「管理費削減」「管理会社変更」「管理費滞納」「理事長代行」「会計処理代行」「マンション自主管理サポート」「簡易ホームページ作成・運営支援」など、各業務に関する詳細の内容や各業務の「資料請求」、「スタッフ紹介」や「お客様インタビュー」などをご用意しています。