業界トップクラスの実績を持つ千葉のマンション管理士 事務所所長 マンション管理士 重松秀士が、マンション管理 コンサルタントならではのお役立ち情報をお届けします。 携帯版

千葉のマンション管理 コンサルタント マンション管理士 重松秀士の「マンションサポート・ドットコム」
  • マンション管理士 重松秀士に相談・問い合わせをする(無料)
  • マンション管理士事務所が行う各種コンサルティング・サポート業務の資料請求をする(無料)

現在位置:
ホーム > 実録!マンション管理 > 区分所有法第59条競売大作戦 > 第9章 いざ口頭弁論そして申立ての準備

  • mixi check

2006年12月05日  [ カテゴリ:区分所有法第59条競売大作戦 ]

テレビドラマでしか見たことがない本格的な法廷!

口頭弁論の当日、理事長は有給休暇を取って裁判所に出向きました。
今まで何回か実施してきた「少額訴訟」のときの法廷とは全く違い、テレビのサスペンス劇場で見るような本格的な法廷です。私も同行して傍聴席から見守ることとしました。
予定時間になって裁判官が入ってくると書記官が、「全員起立願います!」と物々しい雰囲気です。そして裁判が始まりましたが、予想通り岡本さんは出てきませんでした。いわゆる「欠席裁判」です。

5分で終わった口頭弁論

山田理事長も私も緊張していたので裁判官が何を話したか良く覚えていませんが、被告が欠席していることを確認し「判決を○月○日に言渡します。」といい、たった5分で口頭弁論は終了しました。
また、裁判官から、判決調書は郵送するので、判決言渡しの日には原告は出廷する必要はないといわれました。

いざ不動産競売係へ直行!

欠席裁判につき、判決は私達の請求に沿った判決になることは簡単に予想できましたし、たった5分で裁判が終了し時間が余ったので山田理事長と今後の進め方を確認する意味もあり、即、不動産競売係へ相談目的で直行しました。
このあたりは、行動力があるのか無鉄砲なのかよく分かりません。
応対に出た不動産執行担当の書記官に「たった今、区分所有法第59条に基づく競売請求を地裁に申し立てて、判決は○月○日です。今後の手続きの方法を教えてください。」とお願いしましたが、私達が何をいっているのか良く理解できなかったかもしれません。
しかし、どうやら不動産競売事件であることは理解したようで、一般的な競売申立てに必要な説明書類を渡してくれて「判決が確定したら、また来てください。」といわれました。
ちんぷんかんぷんな説明書類を眺めながら、判決の日を待つこととなります。…(つづく)

マンション管理コンサルタント マンション管理士 重松 秀士プロフィールmansion_supportをフォローしましょう
資料請求 無料相談・お問い合わせ マンション管理士事務所

[NEW] 重松マンション管理士事務所では、サポートスタッフを「1名」募集中です!

お問い合わせはこちらから。安心してご相談下さい!

  • マンション管理士は法律で厳しい守秘義務と倫理規定が課せられています。
  • 違反した場合は資格取消・懲役・罰金等の処罰を受けます。

マンション管理一筋! 業界トップクラスの実績充実の設備と支援体制が自慢の重松マンション管理士事務所の詳しい業務については、マンション管理士事務所HPをご覧下さい。

マンション管理相談」「顧問契約(管理組合顧問)」「大規模修繕工事コンサルティング」「建物診断・長期修繕計画作成のサポート」「管理規約の改正」「管理費削減」「管理会社変更」「管理費滞納」「理事長代行」「会計処理代行」「マンション自主管理サポート」「簡易ホームページ作成・運営支援」など、各業務に関する詳細の内容や各業務の「資料請求」、「スタッフ紹介」や「お客様インタビュー」などをご用意しています。