業界トップクラスの実績を持つ千葉のマンション管理士 事務所所長 マンション管理士 重松秀士が、マンション管理 コンサルタントならではのお役立ち情報をお届けします。 携帯版

千葉のマンション管理 コンサルタント マンション管理士 重松秀士の「マンションサポート・ドットコム」
  • マンション管理士 重松秀士に相談・問い合わせをする(無料)
  • マンション管理士事務所が行う各種コンサルティング・サポート業務の資料請求をする(無料)

現在位置:
ホーム > 実録!マンション管理 > 区分所有法第59条競売大作戦 > 第13章 やっと届いた「通知書」 見えてきた出口!

  • mixi check

2007年04月03日  [ カテゴリ:区分所有法第59条競売大作戦 ]

裁判所への督促の日々

裁判所から指示を受けたとおりの手続は全て実施し、裁判所もその後は何も言ってこなくなりました。
地裁の判決後に、競売申立を実施したときには、「概ね5ヶ月で競売が実施される見込みです。」と言われました。
しかし、5日月どころか予納金の60万円を納付して既に10ヶ月がたちました。
その間に、3回程度裁判所に電話をかけて成り行きを確認しましたが要領を得ません。
私も、このような経験がないので一番気になったことは、何か手続きに不備があり遅れているのではないかということでした。
しかし、裁判所が言うには「調査報告書」の作成が遅れているだけで特に問題はないとのことでした。
「調査報告書」とは、執行官の調査報告に基づき物件の売却基準価額や最低落札価額を決めるための報告書のようです。
結局後で分かったことですが、競売物件がずいぶんと多かったことや、住宅金融公庫が二重競売を申立てたことが原因で遅くなったみたいです。
しかし、本当のところは今でも分かりません。

朗報!ついに届いた「通知書」

何回も同じ理由で裁判所に電話するのも気が引けると思いしばらく放っていた時のことです。
裁判所から「通知書」が届きました。
期待と不安を持って開封したら、そこには「入札期間」「改札期日」そして「売却基準価額」などが記載されていました。
やっと、売却の実施が決定したのです!
臨時総会の開催から数えて約1年半たっていました。そして入札期間は3ヵ月後です。
その後、落札した不動産業者が転売して、最終的に確定した特定承継人から滞納された管理費や遅延損害金を回収できるのは更に先のこととなります。
いよいよ最終章が見えてきたような気がします。
山田理事長と一緒になって喜びました。
早く入札日がやってこないかと思いながら、もうしばらく待つことになりました。
今度は今までのような不安感はありません。…(つづく)

マンション管理コンサルタント マンション管理士 重松 秀士プロフィールmansion_supportをフォローしましょう
資料請求 無料相談・お問い合わせ マンション管理士事務所

業界初!No リベート宣言!
顧客の利益を第一に、適正・公平な業務遂行に努めています
ノーリベート宣言 倫理規程

お問い合わせはこちらから。安心してご相談下さい!

  • マンション管理士は法律で厳しい守秘義務と倫理規定が課せられています。
  • 違反した場合は資格取消・懲役・罰金等の処罰を受けます。

マンション管理一筋! 業界トップクラスの実績充実の設備と支援体制が自慢の重松マンション管理士事務所の詳しい業務については、マンション管理士事務所HPをご覧下さい。

マンション管理相談」「顧問契約(管理組合顧問)」「大規模修繕工事コンサルティング」「建物診断・長期修繕計画作成のサポート」「管理規約の改正」「管理費削減」「管理会社変更」「管理費滞納」「理事長代行」「マンション自主管理サポート」「簡易ホームページ作成・運営支援」など、各業務に関する詳細の内容や各業務の「資料請求」、「スタッフ紹介」や「お客様インタビュー」などをご用意しています。