業界トップクラスの実績を持つ千葉のマンション管理士 事務所所長 マンション管理士 重松秀士が、マンション管理 コンサルタントならではのお役立ち情報をお届けします。 携帯版

千葉のマンション管理 コンサルタント マンション管理士 重松秀士の「マンションサポート・ドットコム」
  • マンション管理士 重松秀士に相談・問い合わせをする(無料)
  • マンション管理士事務所が行う各種コンサルティング・サポート業務の資料請求をする(無料)

現在位置:
ホーム > コラム:管理組合通信 > 法律・財務などのソフト分野 > 【コラム】敷地内の放置バイクの処分について

  • mixi check

2006年12月26日  [ カテゴリ:法律・財務などのソフト分野 ]

お世話になっている団地の敷地内に長期にわたり放置されていたバイクを処分しました。
ずいぶん前から、敷地内に放置されており、居住者からは放火の対象にされたり、近くで子供が遊んだりしているので危険だと指摘されていました。
処分については、放置バイクとはいえ他人の所有権があるものを管理組合で勝手にやって良いものかかなり議論がありました。
場合によっては、法治国家で禁止されている「自力救済」に当たる可能性もあるので慎重に対処するべきと考えました。
理事会でも議論して手順は以下のように実施しました。

長期間放置されているバイクであることを確認する。

aobabaiku1.JPG

居住者のものか、近隣から捨てていったのかよく分かりません。
自動車ならば、ナンバープレートから陸運局で所有者を特定できますが、バイクの場合は困難です。
管理員さんの証言から過去にここに住んでいた人のものらしいと言うことでしたが、はっきりは分かりません。しかし、少なくとも1年以上放置されていることは確認できました。

バイク本体に警告文を貼り付け、同時に掲示板にも掲示する。

aobabaiku2.JPG

「至急移動せよ!」「1ヶ月以内に移動されない場合は処分する」という内容です。
通知書(警告文)のサンプルです。理事会決議に基づき理事長の勧告を行いました。

警察署に確認して「盗難届」が出されているバイクでないことを確認する。

aobabaiku3.JPG

盗難車の可能性もあるので警察署に問合せをしてみました。
警察はナンバープレートから所有者等を把握することができます。
はっきりとは教えてもらえませんでしたが、盗難車ではないことは間違いありませんでした。
いよいよ私達も腹をくくります。

1ヵ月後の理事会で処分する旨を決議する。

私は、報告書を作成し
  • 我々がやろうとしていることは、法治国家で禁止されている「自力救済」に当たる可能性がある。
  • 後で所有者が現れて、自分に所有権があるバイクを勝手に処分したので損害賠償を請求するというかもしれない。
  • 万が一、そのような事になってもしかるべき手順を踏んで処分を実施していれば管理組合としても十分に抗弁できると思う。
等を理事に説明しました、理事会も納得し処分に関する審議と採決を実施し、全員一致で処分することとしました。 また、たまたま理事の方に廃棄処分に関する専門業者の方がいらっしゃったのでその方に処分をお願いしました。

処分当日の日付をはっきりさせておく

aobabaiku6.JPG

この日までは間違いなく、警告文を添付及び掲示していたことを証明するため、処分当日の新聞を一緒に撮影して記録しておきました。
現在では、放置バイクもなくなり団地内もすっきりしました。

マンション管理コンサルタント マンション管理士 重松 秀士プロフィールmansion_supportをフォローしましょう
資料請求 無料相談・お問い合わせ マンション管理士事務所

業界初!No リベート宣言!
顧客の利益を第一に、適正・公平な業務遂行に努めています
ノーリベート宣言 倫理規程

お問い合わせはこちらから。安心してご相談下さい!

  • マンション管理士は法律で厳しい守秘義務と倫理規定が課せられています。
  • 違反した場合は資格取消・懲役・罰金等の処罰を受けます。

マンション管理一筋! 業界トップクラスの実績充実の設備と支援体制が自慢の重松マンション管理士事務所の詳しい業務については、マンション管理士事務所HPをご覧下さい。

マンション管理相談」「顧問契約(管理組合顧問)」「大規模修繕工事コンサルティング」「建物診断・長期修繕計画作成のサポート」「管理規約の改正」「管理費削減」「管理会社変更」「管理費滞納」「理事長代行」「マンション自主管理サポート」「簡易ホームページ作成・運営支援」など、各業務に関する詳細の内容や各業務の「資料請求」、「スタッフ紹介」や「お客様インタビュー」などをご用意しています。