業界トップクラスの実績を持つ千葉のマンション管理士 事務所所長 マンション管理士 重松秀士が、マンション管理 コンサルタントならではのお役立ち情報をお届けします。 携帯版

千葉のマンション管理 コンサルタント マンション管理士 重松秀士の「マンションサポート・ドットコム」
  • マンション管理士 重松秀士に相談・問い合わせをする(無料)
  • マンション管理士事務所が行う各種コンサルティング・サポート業務の資料請求をする(無料)

現在位置:
ホーム > コラム:管理組合通信 > 建築・設備などのハード分野 > 【レポート】電気防食によるマンションの給水管の延命工法の実験

  • mixi check

2008年04月29日  [ カテゴリ:建築・設備などのハード分野 ]

最近のマンションの給水管は、共用部分は耐圧塩ビ管やステンレス管、専有部分は架橋ポリスチレンなどが使用されており、錆びることも無くほとんど半永久的に使用可能であると思われます。
しかし、10年以上前の一般的な給水管の仕様は、直管部分は塩ビライニング鋼管で錆は発生しにくいのですが、継ぎ手の部分が鉄製です。
そして、その部分から錆が発生して赤水や漏水などの被害事例も良く見かけます。
継ぎ手部分に「管端コア」等を使用している場合は直管と継ぎ手のジョイント部分が水に触れないので錆の発生を防止することもできますが、そうでない場合はいずれは新しいものに更新するしかありません。
また、更新までの期間をなるべく長く持たせる延命策もいろいろ考えられ、もっともポピュラーな方法は、エポキシ樹脂ライニング工法による更正工事といわれるものです。

今回は、別の工法の効果を確認する目的で「電気防食」による延命工法のテストをやってみました。
協力してくださったのは、株式会社サニコンです。
私も詳しい原理はわからないのですが、金属が水中にイオンとして溶け出すのを防ぐために、配管に電気を流して電子を与え続けるのだそうです。
給水管が錆びる原因は、鉄がイオンとなって水中に溶け出て水中の水酸基と結合するからですが、イオンとなって流出しなければ錆びることはない理屈となります。
実験装置を使って行った様子をご覧ください。

test-01.JPGtest-02.JPG
乾電池を使った簡単な実験装置です。
鉄の棒を給水管本体に見立てて水中に設置しています。
何もせずに水中に放置した鉄の棒は
当然ながら錆びていきます。
test-03.JPGtest-04.JPG
約2週間経過後
かなり錆びて、赤水の原因になりそうです。
電気を流し続けた鉄の棒は
2週間たってもこのとおり全く錆びていません。
又、表面にはカルシウムの皮膜ができているようです。
test-05.JPGtest-06.JPG
2週間ですっかり錆びてしまったテストピース今度はその錆びたテストピース(左)に、
電気を流して変化する様子を観察します。
右は、錆びたままのテストピースです。
test-08.JPGtest-09.JPG
すっかり錆びていたテストピースは
約1週間でここまで改善しました。
左右を比較すると明白ですが、左は
いったん錆びたテストピースに電気を流して改善したもの。
右は、ずっと水につけたままのテストピースです。
左のピースの下の小さな錆びは、電気を流すことにより
錆が本体から剥離したものです。
test-10.JPG最初から電気を流しているテストピースは1ヶ月近くたっても全く錆びませんでした。
又、水もとてもきれいな状態が維持できています。
実際の設置コストはまだ高額のようですが、
ランニングコストも安く、配管の更新をしなくても済むかもしれません。

マンション管理コンサルタント マンション管理士 重松 秀士プロフィールmansion_supportをフォローしましょう
資料請求 無料相談・お問い合わせ マンション管理士事務所

[NEW] 重松マンション管理士事務所では、サポートスタッフを「1名」募集中です!

お問い合わせはこちらから。安心してご相談下さい!

  • マンション管理士は法律で厳しい守秘義務と倫理規定が課せられています。
  • 違反した場合は資格取消・懲役・罰金等の処罰を受けます。

マンション管理一筋! 業界トップクラスの実績充実の設備と支援体制が自慢の重松マンション管理士事務所の詳しい業務については、マンション管理士事務所HPをご覧下さい。

マンション管理相談」「顧問契約(管理組合顧問)」「大規模修繕工事コンサルティング」「建物診断・長期修繕計画作成のサポート」「管理規約の改正」「管理費削減」「管理会社変更」「管理費滞納」「理事長代行」「会計処理代行」「マンション自主管理サポート」「簡易ホームページ作成・運営支援」など、各業務に関する詳細の内容や各業務の「資料請求」、「スタッフ紹介」や「お客様インタビュー」などをご用意しています。