業界トップクラスの実績を持つ千葉のマンション管理士 事務所所長 マンション管理士 重松秀士が、マンション管理 コンサルタントならではのお役立ち情報をお届けします。 携帯版

千葉のマンション管理 コンサルタント マンション管理士 重松秀士の「マンションサポート・ドットコム」
  • マンション管理士 重松秀士に相談・問い合わせをする(無料)
  • マンション管理士事務所が行う各種コンサルティング・サポート業務の資料請求をする(無料)

現在位置:
ホーム > 実録!マンション管理 > 自宅マンション大規模修繕工事の記録 > 「自宅マンション大規模修繕工事の記録」~第13章 塗装工事~

  • mixi check

2009年11月14日  [ カテゴリ:自宅マンション大規模修繕工事の記録 ]

新シリーズ「自宅マンション大規模修繕工事の記録」、今回は「塗装工事」についてです。
※大規模修繕工事の大まかな流れにつきましては、大規模修繕工事コンサルタント業務をご参照ください。

下地補修タイルの補修(貼替え)が終了し、高圧水洗浄が完了したら次は塗装工事です。
塗装には鉄部の塗装と外壁等の塗装がありますが、今回ご紹介するのは外壁塗装工事です。(鉄部の塗装は後日ご紹介します。)
コンクリート面に施工する塗装は、美観を維持するだけでなく、コンクリートの中性化の防止や下地の鉄筋の腐食防止等建物の躯体にとって重要な役割を果たします。
外壁といっても、私のマンションの外壁はタイルですので、今回塗装工事を行うのはベランダと開放廊下の天井面や手摺壁の内側が主体となります。
塗装工事は、現在の塗膜の上に塗り重ねて施工するので、既存の塗装面と躯体との接着力が十分であることが前提となります。これが不十分だと、せっかく塗った新しい塗装が躯体面から剥離してしまう可能性があるからです。
基準となる接着力の数値は、壁面が7㎏/㎡前後で天井面が5㎏/㎡前後です。

その他の塗装工事のポイントは、まずは下地コンクリート面の補修や汚れ等の除去が重要なことは既にご説明しましたが、塗りムラや施工漏れを出さないことです。
普通は、下塗り→中塗り→仕上げ塗りと3回施工して完成させますので、各工程では塗り材料の色を変えて施工漏れが出ないように工夫します。

工事の様子

toso-01.JPGtoso-02.JPG
これは、事前に既存塗膜の付着強度をテストしているところです。
強度が不足していると、新しく塗った塗膜が下地からはがれる心配があります。
塗布量テストをやっています。
仕様書に基づく㎡当りの塗布量を確認しています。
toso-03.JPGtoso-04.JPG
テスト後の缶の重量を測定し、残った塗料の重量から逆算して使用した量を確認しています。
以前、別のマンションで検査に立ち会ったときの頁も参考にしてください。
塗装工事施工前の「養生」作業です。
施工面以外に塗料が付かないようにポリシートで覆います。
これは廊下側ですが、ベランダ側も同様の養生をします。
toso-05.JPGtoso-06.JPG
天井の照明も汚さないように丁寧に・・・いよいよ工事開始です。
これから下塗り、中塗り、仕上げ塗りと進んでいきます。
toso-07.JPGtoso-08.JPG
これは、ベランダ側の中塗りをしているところです。
1層目の塗料と色を変えて施工しているのが分かります。
こうすることによって、施工漏れを防ぎます。
きれいに仕上がりました。
toso-09.JPG
ベランダの天井面もきれいになりました。

マンション管理コンサルタント マンション管理士 重松 秀士プロフィールmansion_supportをフォローしましょう
資料請求 無料相談・お問い合わせ マンション管理士事務所

業界初!No リベート宣言!
顧客の利益を第一に、適正・公平な業務遂行に努めています
ノーリベート宣言 倫理規程

自宅マンション大規模修繕工事の記録

お問い合わせはこちらから。安心してご相談下さい!

  • マンション管理士は法律で厳しい守秘義務と倫理規定が課せられています。
  • 違反した場合は資格取消・懲役・罰金等の処罰を受けます。

マンション管理一筋! 業界トップクラスの実績充実の設備と支援体制が自慢の重松マンション管理士事務所の詳しい業務については、マンション管理士事務所HPをご覧下さい。

マンション管理相談」「顧問契約(管理組合顧問)」「大規模修繕工事コンサルティング」「建物診断・長期修繕計画作成のサポート」「管理規約の改正」「管理費削減」「管理会社変更」「管理費滞納」「理事長代行」「マンション自主管理サポート」「簡易ホームページ作成・運営支援」など、各業務に関する詳細の内容や各業務の「資料請求」、「スタッフ紹介」や「お客様インタビュー」などをご用意しています。